HOME > 会社案内
「やすらぎ醗酵房」の製品を支えるのは約90年に渡って続く酒造りの技と心です。

酒どころ広島から「食文化」を創造する中国醸造

「やすらぎ醗酵房」を運営する中国醸造は、日本三景の一つ・宮島の対岸(広島県廿日市市)にあります。
この地は元来、今では世界遺産にも指定されている厳島神社の神領として栄えてきました。特に江戸時代以降は交通の要所ともなり、酒造りに必要な米や木材などが豊富に往来する酒屋にとても適した場所でした。また、広島の地には、古来清冽な水と自然があり、その地域で育てられ選び抜かれた酒米と中国山地から湧き出る岩清水が、高品質な酒を生み出してきました。
そして、空気の除菌、温度・湿度の調整などで、一年を通じて酒造りの最高の条件をつくり出す四季醸造蔵こそが、昔ながらの伝統的技法を大切に、古来より変わることのない銘酒の味を守る私たちの姿です。
「酒造りを通じて身に付けた醗酵技術を現代に活かして、自然と食文化を見つめ、社会の一隅を照らしていく。」そんな理念のもと、「やすらぎ醗酵房」として皆様のヘルスケアにおいても今後さらに前進する企業であり続けます。

商品開発へのたゆまぬ挑戦


私たちは伝統的技法を大切にしつつ、常に新しいおいしさを探求する姿勢を大切にしています。
現在では、総合酒類メーカーとして清酒、焼酎、リキュールなど、多くの酒類を製造し皆様にお届けするとともに、その経験とノウハウを駆使して、日々皆様の心と暮らしを豊かにする新商品の開発につとめています。
そんな気持ちと努力の結果として、日本ではじめて世に生み出した商品のひとつが紙パック入り清酒「はこさけ一代」です。手軽にお酒を楽しんでもらいたい…そんな素直な思いから誕生した携帯用日本酒です。 無菌充填で日本酒の風味をそのまま維持することができ、しかも軽量という画期的な紙パックの容器は、当時日本酒がビンでしか販売されてなかった中で、「アウトドアでも楽しめる」という新しい日本酒のスタイルもを生み出しました。この機能性の高い商品は南極観測隊のお供をして南極まで行ったこともあるほどです。 私たちはたゆまぬ挑戦を繰り返すことで、皆様に愛される総合酒類メーカーでありたいと願ってきました。そしてその思いはこれからも変わらず、バイオサイエンスという新しい科学の力で、未来に向かって益々挑戦を続けていきます。


産学協同プロジェクト─ビオユニブ広島 2003年、私たちはお酒以外の商品として初めて自然派エステ入浴剤「シスポ」(特許出願中)を発売しました。
そしてこのとき、酒粕をヘルスケア商品として商品化できないか研究したことがきっかけとなり、広島大学大学院の杉山教授との産学連携がスタートしました。これが私たちと最新のバイオサイエンスとの出会いであり、皆様のヘルスケアを支えていく「やすらぎ醗酵房」のスタートラインでした。
「シスポ」の発売後も長い伝統の中で培ってきた醗酵技術の研究を重ね、洗顔うるおい化粧石鹸の「自然派 和風美人」、おいしい梅酒「ギャバリッチ梅酒」と、バイオサイエンス・産学連携の上に立つ新商品を続けざまに発売。特に「ギャバリッチ梅酒」は日本で初めての「GABA 高含有酒ジャンル」を開き、「はこさけ一代」で作り出したように、また新しい食の文化を世に生み出すことができたと考えています。
基本の酒造りと醗酵技術の研究を怠ることなく、これからも最先端のバイオサイエンスを活用したヘルスケア商品、GABA酒ジャンル等の健康志向の商品開発にも力を注ぎ、多くの皆様の健康で楽しい毎日をサポートしていきたいと考えています。
それが私たち、健やかにやすらぎ、美しさにうるおいサポートの「やすらぎ醗酵房」です。